« ツールド国東参加記録・前日編 | Main | 社会復帰 »

May 06, 2005

ツールド国東参加記録・当日編

5月3日、5時30分に起床。
朝食後準備やチェックアウトをして8時にグラウンドに移動。
既に参加者で一杯。いやが上にも気分が昂揚する。

kunisaki12
開会式の様子。結構真面目に出ている人が多い。
主催者から「感謝の気持ちで走るように」との訓示があった。
チームジャージで揃えてる集団がいたりして初体験の自分には随分新鮮な光景だった。
トライアスロンにはあんまり揃いのユニフォームは無いからなあ・・・

kunisaki13
Aコース誘導のバイク部隊。1600ccものモンスターがいた。先導ありがとうございます。

kunisaki02
Bコーススタート前の私。リラックスしているようで実はPolarのメーターは130bpmを示していた(爆)

kunisaki03
同じくスタート前のM氏とA氏。共にトライアスロン仲間。
青いA氏はライトスピードのトライアスロンバイクに乗るベテランだがM氏は私と同様初参加。
まだこの先に待つ過酷な運命を知らない・・・

kunisaki14
昼食エイドのバイクスタンド。速報の激坂を制してほうほうの体で昼食エイドに入ったがこの画像を最後に撮影する気力を失う。

昼食エイド後、残り50kmを目指して出発。
午前のようなきつい坂はあまりなく海岸沿いの快適なコースが続く。
しかしいくつか有ったトンネルでは薄めのサングラス(Briko・Sprinter1のトラマアクティブ)を掛けていたがかなり視界が暗くて怖い思いをした。
また救急車が通るとき死ぬほどうるさかった。
ラスト20km付近の市街地では交叉点でシグナルストップが何度かあったが、焦るよりもむしろ嬉しかったりして。
「かんどうのゴールまであと10km」の看板が見えた後は余韻をかみ締めながらペダリング。
ゴールへのアプローチは昨日の下見で路面が極悪なのを確認していたので無理せずゆっくりと走行。
そして心の中でボランティア、係員、警察関係みんなにお礼を言いながらフィニッシュ。
頂いたタイムカードには5時間33分と記されていた。
後の2人と合流後(私が一番先だった)荷物をまとめて風呂をさっと浴びた後帰路につく。
時間が迫っていたので帰りは高速を使ったのだが結構混んでいて渋滞の表示にびくびくするも、出口渋滞だったのでなんとか間に合いそう。
最後の最後、佐賀関の手前の一般道で長い渋滞に遭い予約乗船締め切りを過ぎてしまう。
乗り場は結構並んでいて「万事休す」と思ったのだが親切な乗船係員の機転でなんとか予定の午後6時便に乗船。
三崎からは快適なドライブで午後9時にはココナツに到着した。
9時30分に帰宅、食べそびれた夕飯を食べ風呂に漬かったらそのまま眠りそうになる。
明日は仕事だ、頑張らねばと思いつつベッドに転がり込んだ。

終わってみると中島トライアスロンと似た地元のあったかいホスピタリティーの御蔭で完走できたような物だ。
特にご老人、子供の声援と支援は本当に勇気が湧いた。
「ありがとう」の声をこれほど言いつづけた事は無かった。
来年もっと力をつけて是非ここに戻ってこようと思う。

|

« ツールド国東参加記録・前日編 | Main | 社会復帰 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94395/4008728

Listed below are links to weblogs that reference ツールド国東参加記録・当日編:

« ツールド国東参加記録・前日編 | Main | 社会復帰 »