« ハードな一日 | Main | 塩ヶ森 »

June 13, 2005

パンク

今日は自転車に乗り始めて初のパンクを体験した、しかも一日に2回!
まず1回目。
朝の通勤時、車道の左側端をいつものように20km/h位で走っていると前方から逆走してくる自転車を認めた。
私はこういった場合信念として絶対に左側通行を譲らない。たとえこちらが停止するとしてもだ。
法規を無視して逆走する輩にはより車道に近い側を車と正対して走るリスクを負ってもらって当然なのである。
たいていの場合相手は直前で歩道に上がるか、しぶしぶ車道側に寄るのだが今日の阿呆(失礼)は違った。
こちらを見ながら一直線に突っ込んできた。
最終的にこちらが停止しているところに正面から衝突しやがった(再度失礼)
直前で声を上げたのだが無駄だった。
かろうじて転倒は免れたのだが結構な衝撃だった。
瞬間私の感情は沸点に達して「自転車は車道は左側通行だろうがあ・・・」と怒声を上げていた。
相手が若い男だったので「どこの学生だ」と言っても相手はうつむいてぼそぼそとはっきりしない。
相手の自転車を見るとリアフェンダーに真新しい「愛媛大学」のシールが貼ってある。
「愛大の学生か、大学生にもなって交通ルールも守れんのか」と言うとようやく「すいません、ぼーっとしてました」と言う。
あまり態度が良くないので5分ほど路上で自転車の交通ルールについて説教をして解放してやった。
さあ気を取り直して行こうかと思ったらチェーンが外れている。
やれやれと思ってはめ直して走り始めると今度は前輪がパンクしている(怒)
「まあトライアスロン本番の緊急時の練習だな」と気を落ち着けて人通りの少ないところでチューブ交換をしたがタイヤの脱着に手間取り20分ほどかかってしまった。
書き忘れていたが2日前にパンク予防にタイヤを通勤用にコンチネンタルの28Cに換えたばかりで、これがまた固いタイヤだったのだ(ANCHORのRA5には28Cが入ることがわかった)
その後急いで会社に向かったのだが、思いっきり信号を無視して衝突寸前になる車を見たり、脇道からいきなり左折して来て私の進路を塞ぐ自転車が居たり(虫の居所の悪かった私は当然怒鳴りつけたが)と気分の悪い一日の出だしとなった。
そして2回目。
なんだかんだあった一日の帰り、あと数分で自宅という所で「パーーーン」と派手な音と共にまたしても前輪がバーストした。
「しまった修理の際に一応確かめていたのだがタイヤに何か刺さっていたのか」と思いつつ自転車を押して幸いにもすぐ先にあったサイクルショップでチューブを買って歩いて帰宅した。
またまた苦労してタイヤを外して調べてみると何も刺さっていないのだがタイヤサイドに3mmほどの小穴が開いている。よくわからないがどうもこれが原因らしい。
とりあえず予備のタイヤと交換して明日ショップに持っていって相談してみることにした。
まあこんな一日もあるものだ。

|

« ハードな一日 | Main | 塩ヶ森 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94395/4544956

Listed below are links to weblogs that reference パンク:

« ハードな一日 | Main | 塩ヶ森 »