« June 2005 | Main | August 2005 »

July 31, 2005

雨の中島

中島本番が近づくと共に天気予報が気になってくる。
今日はyahoo天気予報では曇りの予報だったので予定通り5:30起床で始発で中島に出発。
ところが三津港を出航して30分ほど経つと雨が激しく降り出し一時前が見えないほどに・・
まあ雨の日でもトライアスロンはあるのだからカーボンホイールのブレーキテストと割り切ることにしよう。
大浦港到着後も雨が降り続いていたので30分ほど様子を見て小降りになったので中島周回に出発。
姫ヶ浜から大会コースを順調に走り、本来の折り返し点を過ぎていよいよ未知の領域に。
この辺りから先はmkuni2さんのページで画像も紹介されていたのでアップダウンもさほと苦にならなかった。
50分程で一周して大浦に戻った。
今日は松山からサイクリングキャンプの一行が来ているはずなので、そのあたりまで引き返してうろうろしているとちょうど海水浴場に行くメンバーに出会った。
しばらく談笑した後また逆回りで一周した。
今度は船の時間があったのでさっきよりも真剣モード。
途中峠道でバーエンドミラーが脱落した。前からガタついていたので気になっていた部分。
その後も真剣モードで走り続け姫ヶ浜から大浦への登りで軽トラックに呼び止められた。
なんと今度はボトルケージに固定していたスペアタイヤを落としていた。
そう言えば途中で声をかけられたようなような気がしたのだが気に留めずそのまま走ってしまったらしい。
随分走って追いかけていただいたようで丁重にお礼をしたところ、若い運転手の方に「トライアスロン頑張ってください」とまで言って頂いてさらに恐縮してしまった。
今度は40分ほどで一周して11:45のフェリーに乗ったが何故か結構混んでいた。
三津で花火大会があるからだろうか?
天気も回復してきてそのまま帰るのも何なので重信川CRを軽く流した後3kmほどランニングして上がった。
本当は5kmの予定だったが暑さに負けてしまって反省。

久々に本日のトレーニング 自転車 70km/?h RUN 3km/20min 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

July 25, 2005

再び大三島

24日日曜日に再び「しまなみ海道」に行ってきた。
目的は中島本番に向けて変更、調整したホイールのテストラン。
先週と違いしっかり睡眠をとり6:00起床。
軽く運動したり補給食の準備をして8:00に自宅を出発、9:00過ぎにサンライズに到着した。
今回も目的地は大三島。前回行けなかった南半分の周回をする。

05072401
しまなみ海道自転車道入口にて。薄曇りで先週より涼しい。

05072402
大三島橋をバックに。

いつも通り大三島についたら多田羅しまなみ公園で休憩後さらに北上して左折、大山祗神社を目指して大三島を横断する。

05072403
途中の自転車道にはこんな緑陰があったりして非常に気持ちが良い。ただし給水地があまり無いので要注意。

大山祗神社を過ぎて宮浦港に着いたらその先を左折して台(うてな)海水浴場を目指す。この先は車もほとんどいなくて快適な走行が続く(ただし暑いけど)

05072405
台海水浴場にあるTVドラマ「がんばっていきまっしょい」の艇庫のセット。セットとはいえ中にちゃんとボートが保管してあって、昔私が梅津寺で見た松山東高の艇庫にそっくり。

05072406
ロケはしておらずスタッフがセットや道具の片づけをしていた。

05072407
台海水浴場はこじんまりとしているが設備も新しく清潔で、海も景色もご覧のように非常に美しい海水浴場だ。

05072408
思わず泳ぎたい衝動を押さえて再び周回路に戻る。島の南側は緩やかなアップダウンが続いて坂を登り切って視界が開けると真っ青な海が見えてくる。

05072409
海に向かって壮快に坂を下った先に小さな集落があった。ここを左折して今度は島の西側に向かう。

さらにいくつかの小さなアップダウンを繰り返して大三島橋に戻った。
そこからは非常に暑かったので給水に気を使って休みながらサンライズ糸山に戻った。

05072411
最後に来島海峡展望館までちょっと登って定番の記念撮影をした。来島海峡大橋が美しい。

後半は非常に暑かったが水分補給に気を使って走ったのと、ホイールのお蔭で割合楽に走れた。
本番でも心強い味方になると思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 19, 2005

アクアパレット

久しぶりの今日の一枚。
今日も強烈な陽射しで夏本番。絶好のトライアスロン耐熱訓練日和だ。
日中自転車で30km/70min走った後いよいよニューシューズでの試走。
ソールを既成のものから愛用しているシダスのコンフォーマブルに取り替えてみたところフィッティングはばっちり。
熱中症に備えて帽子にチタンメッシュの日除けを取り付け、水ボトルをウェストベルトで携行して出発。
5km走る予定があまりの暑さにふらふらになり結局4km/30minもかかって帰還、本当に暑かった。
その後17日に完成したばかりの松山中央公園プール、通称「アクアパレット」に行ってみた。
ここは屋内に水深、全長可変式の公認50mプールと健康プール、屋外とつながっている流水プールと幼児用プールなどいくつものプールを備えロッカー室やプールサイドデッキ等の付帯施設も充実している。
今日は50mプールが2コース解放され、後は25m/23mに区切られていた。
昼過ぎに行くと利用者は少なく50mコースは途中から1コース独占で泳げるほどだった。
結局いつものように1500m泳いだのだが25mプールと比べると随分疲れたような気がする。
丁度1時間で大人250円だった(高校生200円、3歳以上中学生以下150円)
かつてスポーツ後進地だった愛媛も中央公園にこれだけの施設が整うようになるとは本当に素晴らしいことだ。
aquapallete
アクアパレットの外観。日中は自然光を取り入れ電気を極力節約するようガラス部分が多くなっているらしい

ウォータースライダーは寝そべってすべるとかなりスピードが上がって肘を打ち付けて痛いので要注意!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 18, 2005

世代交代

今日はちょっと趣を変えて道具の話。
一昨年の秋に購入して10kmマラソンや中島トライアスロンなどの本番用に主に使っていたシューズがくたびれてきた。
地元ではあまり馴染みの無いサッカニーというメーカーのファストウィッチというシューズ。
東京で購入したのたがとても柔らかい上に非常に軽くて気に入ってニュージーランド旅行にまで持っていってジョギングしたりしていたが、最近とうとう両小指あたりが擦り切れて穴が開いてしまった。
そこで雑誌に出ていたニューバランスのトライアスロンシューズに履き替えることにしたのだが、これもまた地元松山ではなかなか入手しがたくショップに聞いてみても注文してもいつ入荷するかわからないとの事。
ネット通販でも2Eしか取り扱っていなかった。
私は足が幅広なのでトレーニング用のニューバランスのRT822Jは4Eサイズなのだ。
終いに直接ニューバランス社に問い合わせて大阪の直営ショップに在庫があることを確認した。
丁度家族が関西に旅行するので言付けて買ってきてもらったのだ。
早速履いてみると広告の通り非常にソフトで履きやすそうだ。
シューレースが最初からゴムになっている上にベロに指穴が開いていてスムースに履けるようになっている。
ソールには結構大きなメッシュホールが開けられ排水性と通気性を確保していて、真夏のトライアスロンの大きな味方となってくれそうだ。
明日は早速これで試走してみよう。

shoes
新旧レースシューズ。左が「サッカニー・ファストウィッチ」、右が「ニューバランス・AP3000」

sole
AP3000の裏表。ソールにある3つの三角がメッシュホールになっている

本番まであと一ヶ月少々、いよいよ気を引き締めて行かなければならない。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 17, 2005

大三島

今日は久しぶりの好天に恵まれた日曜となった。
かねてからの予定通りしまなみ海道に行ったのだが、昨日の酒が祟って6時起床の予定が目が覚めたら8時だった。
おまけに酒がちょっと残って気分が悪い。
しばらく体調が戻るのを待って8時出発の予定を大幅にオーバーして10時過ぎに家を出た。
この時点で選択肢の一つだった尾道往復の野望は潰えた。
幸いあきらめていたサンライズ糸山の駐車場に空きがあったのでただちに自転車を組み立てて11時30分に出発。
のんびりとしながら大三島を周回して帰ることにする。
今回はスペシャルドリンクに先日ネット通販( http://www.wellnet.ne.jp/ )で購入したサトウ製薬のトップテン( http://www.wellnet.ne.jp/pitem/43056799 )をスポーツドリンクに溶かしたものを用意した。
トップテン原液は濃いユンケルのような味で、私にとっては結構好みの味で一度飲んで結構良かったので今度の中島トライアスロンでも使う予定だ。
P1000039
いよいよ出発。来島海峡大橋の看板(今日はいつものデジカメがないので携帯写真)

途中結構サイクリストに出会った。たいていレンタサイクルかマウンテンバイクもしくはフラットバーロードのようだったが、中には私と同じようなロードレーサーの人もちらほらいた。
一番目立っていたのは帰りに出会った小径車の団体。
おそらくどこかのOFF会だと思うが10人ほどのグループで、ブリヂストンじゃないA・モールトンが結構いた。
なかなか格好良かったなあ・・
大三島まではいつものようにサクっと行って道の駅、多田羅しまなみ公園でひと休み。
抹茶ミックスソフトクリームを食べ水を補給して今回のメインイベント大三島周回に出発。
北回りで行ったのだが景色も良い上に、意外と気温があまり高くなく走っている分には快適だ。
P1000040
道端に打ち捨てられていたちょっと懐かしい自転車。車のオートマのようなシフトレバーが泣かせる

P1000042
大三島少年自然の家の脇からふらふらと入っていった小道は峠を越えると結局行き止まりだった

宮浦港に着くと丁度鶴姫祭が賑やかに行われていて、手漕ぎ和船の競技の真っ最中で結構盛り上がっていた。
そこでもまた自販機で水分を補給した後、さてどうしようかとひと思案。
南にぐるっとまわるのも面白そうだがこの時点で2時を回っていたので時間的にも体力的にもちょっとしんどい。
結局サイクリングロードに従って大山祗神社経由でショートカットコースをとることに。
以前大三島にきた時に通った道だが、以前よりは結構楽にすいすいと多田羅しまなみ公園に戻ってきた。
そうそう、伯方-大三島橋への自転車用の導入路が新設されていて斜度が緩和されて随分楽になっていた。
以前は結構きつくて一般の人は例外なく降りて押していたと思う。
そこから先はまともに西日を浴びながらの帰路となったのだが、日焼け止めを忘れていたので手も足も顔も真っ赤ッ赤。今ヒリヒリしている。
P1000045
途中橋の上から見えた施設。何の施設かわからないが広々とした芝生の庭がなんとも贅沢で気持ちよさそうだ

なんとか4時30分にサンライズ糸山に帰着。走行距離は89.14km、平均時速は22.7km/hで自分としてはのんびりした割りにいい数字だと思った。
それにしても大三島は全体的に自転車道が整備されていて非常に走りやすかった。
宿泊施設も綺麗だし、安全な海も手近にあるのでトライアスロンの合宿にはもってこいだと思う。
P1000044
こんな自転車道が結構続いているのだ


| | Comments (1) | TrackBack (0)

July 14, 2005

STAR WARS

一昨日「STAR WARS EpisodeⅢ」を見てきた。
思えば今から27・8年前の高校生の頃、胸ときめかせて第一作目を見たのだから感慨深い物があった。
6作を通してのストーリーに落ちをつけなければならないのだからかなり展開が早かったように思ったが、結末がわかっているのにドキドキしてあそこまで惹き付けられるのも監督の手腕なのだろう。
時代背景を映してか当初は単純な善悪の戦いだったのがシリーズが深まるに従って複雑な様相を呈してきた。
おそらく誰が見ても舞台設定に今のアメリカを思わせるものがあるのではないだろうか。
ラストシーンでは不覚にもぐっと来るものがあった。
エンドロールが流れ始めても席を立つ人はほとんどいなくて、私と同様に館内が明るくなるまで28年間の余韻に浸っていたのではないだろうか。
それと昨日TVで「EpisodeⅥ」をやっていたのだが特別編集でラストシーンなどがかなり手を加えられていた。
この演出も「EpisodeⅢ」を見た者にはぐっとくるものだった。
しかし1作目の公開当初は9部作にする予定だったのに途中から6部完結に変わったと思うのだが、それにしてもうまく纏め上げた物だと思った。さすがはジョージ・ルーカス監督だ。
今後すべての作品が新たな編集でDVD化されたら是非「EpisodeⅠ」から順番に見てみたいと思う。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 10, 2005

トライアスロン体験ツアー

7/9、10と愛媛県トライアスロン協会主催の体験ツアーに参加してきた。
昨年も参加してとても良い体験だったので今年も迷わず参加申し込みをしたのだ。
しかし天気予報は9,10日とも雨で、実際9日の三津港出発時点で大雨が降っていた。
果たしてどれだけの練習ができるか不安だったが、参加者はどんどん集合してきて次第に前向きな気持ちになった。
9日は中島到着後13:00から開講式と自己紹介に続いて各競技の説明。
その後断続的に降り続く雨の中スイム練習。本番の半分、750mほどを泳いだ。
スイムアップのあと天候がやや回復したのでバイクコースを試走。
去年の工事箇所もきれいに完成していて走りやすかった。
当初はペースを押さえ気味に走っていたが次第に熱が入ってレースモードに。
結局ハーフ20kmを40分で戻ってきた。
9日の締めくくりは最も苦手なラン5km。
スタート時点はかなり足が重く、次第に集団から離されて苦しい行程が続いた。
折り返して昨年の本番の情景を思い出しながら走っていると、不思議なことに昨年ペースアップしたのと同じ所で体が軽くなり足が生き返ってきた。
なんとか27分で終了。自分としては上出来と思う。
その夜は恒例の地元中島町の方々との親睦会を兼ねた宴会。
肉と魚介類がこれでもかというほど盛られたバーベキューだった。
あけて10日は5:00過ぎに猛烈な雨音と雷鳴で目覚めた。
天候は最悪。強風こそ吹いていないが視界は悪く気温も低い。
波も1メートルほど巻いていてスイム練習は希望者のみ、半分に短縮して行われた。
私は体調と低下したモチベーションを鑑みて見学したが殆どの人は参加していて驚いた。
バイク練は雨天のためとりあえず中止、そのかわりにランをフルコース10km走った。
やはりスタートしてすぐに遅れ始め、ほとんど一人旅となってしまいかなり辛かったがなんとか59分でゴールにたどりついた。
ランスタート後に天候が回復してきたので希望者のみ(10日のみの参加者がいたので)バイク練を行う。
その間他の人はお世話になった中島町に少しでも恩返しをとビーチクリーンを行った。
その後昼食をとり解散、14:10のフェリーで松山に帰ってきた。
ともすれば2年目の惰性で楽な道に行きがちだった自分を見直し、残された1ヶ月で走り込みをして少しでも走力アップを図らねばと思い知らされた2日間だった。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

July 08, 2005

事故

今日出勤途中に自動車と自転車の事故の瞬間を見てしまった。
夕方から雨になるとの天気予報だったので車で出勤したのだが、いつもなら自分が走っている場所だったので他人事ではない。
事故の状況は以下の通り。
まず工事関係者らしい軽トラックが、植え込みで完全に分離された「歩道」に道路の切れ目から進入して停車した。
進行方向が同じ学生らしき男性の乗ったマウンテンバイクが時速20~25kmくらいで停車した軽トラックの左側の1.5mほどのスペースを通り抜けようとした時、いきなり助手席のドアが開いて自転車の右ハンドルがドアに引っ掛かったようで(車の蔭で良く見えなかった)男性は左側に投げ出され歩道左側にあった自動販売機に後頭部をかなり強く打ちつけていた。
ヘルメットを被っていなかったので衝撃はかなりのものだったと思われる。
先に降りかけていた軽トラックの運転手と助手席から降りた男性が慌てて駆け寄っていたが、この時点で私のいた車列が動き出したのでその後の状況は確認できなかった。
客観的に見て歩道に進入して駐車した上に、後方の確認を怠ってドアを開けた軽自動車がほぼ100%悪いのは当然であるが、自転車乗りとしてこの事故が避けられ得るものだったかどうか考えて見た。
まず自衛の為にヘルメット、グローブ等のプロテクションはしておくべきであろう。
また、車が止まった直後であれば車内の人間の動向に注意して減速なりの措置をとれば良かったのだろうが、これは自分に照らし合わせてみてもなかなか難しい事だと思う。
何度かヒヤッとしたり実際にぶつかったりしてようやく臆病になってきたのだが、歩道上の車の左ドアがいきなり開くのはなかなか予測できないだろう。
結論としては当たり前の事ではあるが、相手がどんなに悪かろうが事故に遭って怪我をしてしまっては意味が無いので、街なかの特に歩道を走る際にはスポーツサイクルである事を忘れてゆっくり走らねばということである。
今日事故に遭われた被害者の方の怪我が軽い事を祈るのみである。

本日のトレーニング 昼SWIM 1.6km/35min(up200m,ピラミッド1200m,cooldown200m)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 06, 2005

がんばっていきまっしょい!

今日は久々に晴れ間が覗いたので昼休みに5kmRUNに行ってきた。
しかしまあ6月は記録的少雨で7月は大雨と極端な天気だ。
週間天気予報によると週末にはまたぐずついてくる模様でようやくふつうの?梅雨になってきた模様。
ところで昨夜からフジテレビ系で「がんばっていきまっしょい」というドラマが始まった。
ボート部に青春をかける田舎の女子高生のドラマなのだが、原作が「坊っちゃん文学賞」を受賞した地元松山が舞台となった同名の小説なのである。
地元松山というより私の母校のそれも同学年のボート部がモデルになっているので、小説や映画では随所に懐かしいセリフや風景があって心が熱くなったものだ。
テレビドラマの方では設定が現代になっていたり、大部分の校内風景のロケ地が他の高校になっていたりでちょっとがっかりした。
出演者は映画ではデビューしたての「田中麗奈」ちゃんがちょっと田舎臭い高校生を好演していたのだが、テレビではアイドルみたいな子が多くて思わず「こんなん東高じゃないわい」と思ってしまった(ドラマでは「松山第一高校」だが実際は「松山東高校」なのだ)
まあこれから各キャラクターが浸透して行けば思い入れも変わってくるのだろう・・・
ともあれあの懐かしい掛け声「がんばっていきましょい」(正調の表記は「ま」と「し」の間に「っ」がない)が毎週聞けるのは楽しみである。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

July 04, 2005

オープンウォータースイム

7/3はANSCOM「日本を泳ごう委員会」主催の瀬戸内双海オープンウォータースイムレースにエントリーしていた。
カテゴリーは1500m、もちろん8月の中島に向けての練習のつもり「だった」。
「だった」というのはそれまで渇水に見舞われるほどの好天続きだったのが一転して、一昨日の夜来の大雨と落雷で中止になってしまったのである。
朝8時前に双海のシーサイド公園に行っていたのだが、途中伊予市では道路が30cmほど冠水していたし、ちょっとした峠道では側溝から噴水のように雨水が噴出していてかなりスリリングな光景だった。
海も陸から流れ出た泥水で見る見る濁っていき、波風はないものの水上、水中両方の視界の悪さで中止はやむを得ないものだった。
また大雨洪水警報の出ている中、行政や消防・警察関係にも大変迷惑な事だろうから、遠方からの参加者には申し訳無いけれどもあえて強行する理由は何も無かったと思われる。
電車や高速道路もストップしていた上に会場周辺は昨年も大雨で国道近くで崖崩れが相次いでいたので、9時過ぎの中止決定と同時に急いで引き上げ、いつものジムでウェット着用で2000mほど泳いだ。
一夜明けて今朝の新聞をみるとやはり崖崩れでその後通行止めになったようである。
で、その記事の写真を見てみるとなんと自分の車が写っていた。
道端で車を止めて写真を撮っている人がいたので「ヒマな人が居るものだなあ」と思っていたら新聞記者だったらしい。
range01

range02
非常時にお似合いの車

7/3のトレーニング swim 2000m/40min(ウェットスーツ着用)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« June 2005 | Main | August 2005 »