« STAR WARS | Main | 世代交代 »

July 17, 2005

大三島

今日は久しぶりの好天に恵まれた日曜となった。
かねてからの予定通りしまなみ海道に行ったのだが、昨日の酒が祟って6時起床の予定が目が覚めたら8時だった。
おまけに酒がちょっと残って気分が悪い。
しばらく体調が戻るのを待って8時出発の予定を大幅にオーバーして10時過ぎに家を出た。
この時点で選択肢の一つだった尾道往復の野望は潰えた。
幸いあきらめていたサンライズ糸山の駐車場に空きがあったのでただちに自転車を組み立てて11時30分に出発。
のんびりとしながら大三島を周回して帰ることにする。
今回はスペシャルドリンクに先日ネット通販( http://www.wellnet.ne.jp/ )で購入したサトウ製薬のトップテン( http://www.wellnet.ne.jp/pitem/43056799 )をスポーツドリンクに溶かしたものを用意した。
トップテン原液は濃いユンケルのような味で、私にとっては結構好みの味で一度飲んで結構良かったので今度の中島トライアスロンでも使う予定だ。
P1000039
いよいよ出発。来島海峡大橋の看板(今日はいつものデジカメがないので携帯写真)

途中結構サイクリストに出会った。たいていレンタサイクルかマウンテンバイクもしくはフラットバーロードのようだったが、中には私と同じようなロードレーサーの人もちらほらいた。
一番目立っていたのは帰りに出会った小径車の団体。
おそらくどこかのOFF会だと思うが10人ほどのグループで、ブリヂストンじゃないA・モールトンが結構いた。
なかなか格好良かったなあ・・
大三島まではいつものようにサクっと行って道の駅、多田羅しまなみ公園でひと休み。
抹茶ミックスソフトクリームを食べ水を補給して今回のメインイベント大三島周回に出発。
北回りで行ったのだが景色も良い上に、意外と気温があまり高くなく走っている分には快適だ。
P1000040
道端に打ち捨てられていたちょっと懐かしい自転車。車のオートマのようなシフトレバーが泣かせる

P1000042
大三島少年自然の家の脇からふらふらと入っていった小道は峠を越えると結局行き止まりだった

宮浦港に着くと丁度鶴姫祭が賑やかに行われていて、手漕ぎ和船の競技の真っ最中で結構盛り上がっていた。
そこでもまた自販機で水分を補給した後、さてどうしようかとひと思案。
南にぐるっとまわるのも面白そうだがこの時点で2時を回っていたので時間的にも体力的にもちょっとしんどい。
結局サイクリングロードに従って大山祗神社経由でショートカットコースをとることに。
以前大三島にきた時に通った道だが、以前よりは結構楽にすいすいと多田羅しまなみ公園に戻ってきた。
そうそう、伯方-大三島橋への自転車用の導入路が新設されていて斜度が緩和されて随分楽になっていた。
以前は結構きつくて一般の人は例外なく降りて押していたと思う。
そこから先はまともに西日を浴びながらの帰路となったのだが、日焼け止めを忘れていたので手も足も顔も真っ赤ッ赤。今ヒリヒリしている。
P1000045
途中橋の上から見えた施設。何の施設かわからないが広々とした芝生の庭がなんとも贅沢で気持ちよさそうだ

なんとか4時30分にサンライズ糸山に帰着。走行距離は89.14km、平均時速は22.7km/hで自分としてはのんびりした割りにいい数字だと思った。
それにしても大三島は全体的に自転車道が整備されていて非常に走りやすかった。
宿泊施設も綺麗だし、安全な海も手近にあるのでトライアスロンの合宿にはもってこいだと思う。
P1000044
こんな自転車道が結構続いているのだ


|

« STAR WARS | Main | 世代交代 »

Comments

Saved aas a favorite, I like your blog!

Posted by: luggage sets | October 17, 2013 at 10:45

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94395/5010007

Listed below are links to weblogs that reference 大三島:

« STAR WARS | Main | 世代交代 »