« July 2005 | Main | September 2005 »

August 27, 2005

補給食

ネットを徘徊してたらこんなものを見つけてしまった。

nezumi

トライアスロンのスペシャルドリンクに最適かもしれない・・
このシリーズで「スカポンタンドリンク」というのも結構良さげだな。

suka


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 26, 2005

打ち上げ

昨夜は木曜練習会の打ち上げがあった。
毎週木曜の夜にコミセンに集まって練習していたメンバーが集まってまずはプラネタリウムで贅沢な記録ビデオの鑑賞会。
編集途中のものだったがあとでCATVでも流されるものとあってなかなかのでき映えだった。
でも私が途中で偉そうにいろいろ言っていた部分が恥ずかしい。
感動のゴールシーンでは皆本当に良い顔をしていた。
1時間の長編を見終わっていよいよ打ち上げ会場に移動。
スポンサーになって頂いたライオンズクラブの方にもご出席頂いて楽しい会となった。
大会から解放されてまあ良く飲む事。
ビール、芋焼酎、麦焼酎がどんどん空になっていく。
食べ物については言わずもがな・・
途中でメンバーの方数名にこのblogの存在がバレて居る事が発覚した(結構知らない所で見られているものなんですね・大汗)
その後一次会では飽き足らず会場を移して二次会に。
そこから更にMさんと北山軒で締めて帰ったのが1時半。

この数ヶ月、本当に楽しいチャレンジだった。
皆と話したのだが、当日中島を走っていて一緒に頑張った仲間と声を掛け合う事で勇気が沸いてきたものだ。
来年も是非とも同じような企画をやっていただきたい。そして今年のメンバーがOBとしてお手伝いしてトライアスロンの輪が広がって行けば本当に素晴らしい事だと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 22, 2005

とりあえず報告

20日の前夜祭と21日の本番を終え、本日余韻を残しつつ祭の後の静けさの残った中島から帰ってきた。

05082001
「鉄人の里」脇に設営されたテント。本来テント泊は許されないのだがリレー部門が復活して参加者が増えたこともあり、家族4人で参加の私の宿が直前まで決まらず大会本部の了承をとった上での設営となった。
「あれはおかしい」と思われた方々もいらっしゃったと思うがこういった事情なのである。

05082003
競技説明会場。静かな闘志が湧き上がってくる。

05082004
恒例の前夜祭・カーボパーティーの豪華で暖かい料理。勿論この他に名物ヒラメの刺身も出てきた。
合併した松山市長や1号ライダー・本郷猛、いや藤岡弘氏の熱い応援メッセージに会場は大いに盛り上がった。(藤岡さんは本当に熱い人だった)

さていよいよ本番当日、心配していたオイルの漂着問題は中島や松山のボランティアの人たちや専門家の献身的な努力によってなんとか回復し(当日早朝まで作業は続けられていた)例年通りスイムは実施されることになった。
正式なタイムは発表されていないがはっきり言って今回のチャレンジは不本意な物となってしまった。

05082101
大会当日朝も油の除去作業を行う人たち。本当にありがとうございました。

天候は昨夜来の雨が降り止まずスイム開始の時点で気温25℃、水温23℃とこの時期では異例の低温となった。
10時30分、慶應OBの中村市長の早慶戦の応援スタンドのような熱い激の後、号砲と共にスタート。
私は前から1/3くらいの左端からスタートしたがいつの間にかコースロープ脇まで行ってしまいバトルに巻き込まれてしまった。
話には聞いていたが中々激しいもので幾度か海水を飲み、トライアスロンの醍醐味を味わうことになった。
スイムアップしてバイクのトランジションは泳ぎながらシミュレーションした事もあって比較的スムースに行けたと思うが、自分の時計では37分で何故か昨年よりやや悪い。
続くバイクパートだが、折からの雨が断続的に降り続き気温の上昇は抑えられたものの、視界の低下と共にスリップとパンクのリスクもあってもどかしい出足となってしまった。
途中から徐々にペースアップしてタイムは1時間15分少々、平均速度は31.6km/hだった。
そして課題のランパートであるが、出足から非常に足が重く昨年以上にスピードに乗れなかった。
とにかく折り返し点までが果てしなく遠く感じられ殆ど歩くようなスピードまで落ちたが、なんとか走り続けられたのはやはり沿道からの暖かい声援のお陰である。
昨年のスパート地点でなんとか気合を入れなおし、1時間2分少々で絶望的に思えた3時間切りをなんとか果たせたように思うが微妙なところ。
スイムで3分、バイクで4分、ランで5分縮めるつもりだったが思うように行かなかった。
ランパートのタイムの悪さは深刻で、他のパートで稼いでもそのツケが足にきてしまうようなジレンマがある。
なんとしても走力・脚力・持久力の強化を図らなければ今後のタイムアップはないだろう。

今年は大会後も夏休みということで日頃練習や仕事で付き合ってやれない家族と共にもう一泊した。
昨夜も相変わらずの大雨だったが早朝から雨は上がり爽やかに晴れ渡る1日となった。

05082201
「鉄人たちの夢の跡」昨日の悪天候、激戦が夢のような姫ヶ浜の海岸。

テントの撤収の後、昼過ぎまでのんびりと海岸で過ごし、車でランコースを走って折り返し点で家族で記念写真を撮影して来年への闘志を胸に刻みつけて帰ってきた。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

August 19, 2005

出発前夜

いよいよ明後日は中島本番だ。
昨日は木曜練習会の最終回でほぼフルメンバーが集まって最後の調整と諸事項の確認をした。
明日、8:00に自宅を出て9:10のフェリーに乗る予定。
この一年を振り返って昨年ほどのストイックな追い込みはできなかったように思う。
ただ、全体にバランスの取れたトレーニングはしてきたつもり。
特に得意種目のバイクは機材のグレードアップもあいまって5分以上の短縮を目指している。
また課題のRUNに関しては思ったほどのスピードアップは果たせなかったが、どん亀ながら55分を目標に頑張るつもり。
スイムについては多少進歩しているつもりなのだが、先ごろの貨物船事故の影響で重油が漂流しており実施されるかどうか不安が残っている。
ともあれ後は全力を尽くすのみ。「がんばっていきまっしょい!」の精神で10分の記録短縮を目指そう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 17, 2005

カウントダウン

21日までカウントダウンモードに入ったが相変わらず厳しい残暑が続いている。
一昨日も書いたが2年目の惰性でモチベーションの維持が大事な1週間になっている。
というわけで昨日は出勤前の朝runと、夕方からアクアパレットに出撃。
贅沢にも50メートルプールを使って1500mインターバルスイムを行った。
1コースに3~4人ほどいたがコースが長いのでほとんど気にならないのが良い所。
時々勘違いした人(主に小中学生)がぷかぷか遊んでいるのだが、監視員が的確に注意するのと真剣モードでばしばしクイックターンしながら泳ぐ人達の迫力ですぐに居なくなるので気持ち良く泳げるのだ。
ただ、更衣室の木質フローリングの床はどう考えても設計ミスで、体を拭かずに上がって来た不心得者の為に水でびちゃびちゃになっている。以前私の娘は滑って転んだ事もあるのだ。
あれだけ館内放送でタオルを持って入るように言っているのに、大人も子供も持っていかないバカ者が多すぎる。
スイムアップしてすぐに着替えてrun開始。
プールが坊っちゃんマラソンのコースなので距離感もわかりやすく、アスファルトと芝を選んで走れるので途中に給水ポイントが無い事を除けばお気に入りのコースだ。
3kmほど走ったところで同じくトレーニング中のMさんと出会って一緒に走った。
ゆっくりと流して7km/40minで終了。朝runの8kmと合計して15kmは久しぶりの走行距離となった。
夜は命を預ける愛車COLNAGO CT1をじっくりと清掃、整備した。

8/16のトレーニング 朝run 8km/45min swim 1.5km/35min(intvl) run 7km/40min

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 15, 2005

落雷

今日は終戦記念日のお盆だが例年通り出勤。
5kmほど昼runをしてさあblogの更新、と思ったら一天俄かに掻き曇り・・突然の豪雨とともに稲光が。
落雷が近づいてきたので慌てて社内のPCを切って回って首を竦めてやり過ごしていたら案の定すぐ近くに落雷、社内の電気が瞬断した。
昼runの時から空気がなにか澱んで生暖かかったので雨に逢わなかった事と共にPCの破損を回避できてラッキーだった。
また、仕事がなければ恐らく最後の調整でバイク練をしていただろうから怖い思いをした事だろう。
最後の調整といえば先週の木曜に今年初チャレンジのOさんと共に中島にBIKE練に行ってきた。
中島は前回と打って変わって快晴で8:20到着後すぐに姫ヶ浜に移動、本番の40kmコースでタイムトライアルを行った。
結果は1時間16分16秒、平均速度31.3km/hでほぼ満足の行くものだった。
その後北回りに軽く1周して11:45のフェリーに飛び乗って帰松。夜は7時からいつもの木曜練習会でスイム1kmインターバルとラン5km(他の人は10km´・ω・ )して終了。
いよいよ今週末は本番だ。
昨年と比べると完走への不安はあまり無いのだが、逆に油断に繋がって練習不足で絞込みができてないのが心配(体重74kg)
しかしまあこの期に及んで焦っても仕方ないので1日5~10kmのrunをこなす程度で最後の調整をしよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 09, 2005

体重

昨日朝、シャワーを浴びて体重計に乗ると・・・なんと76.0kgだった。
一昨日の練習会の後、昼食に唐揚げカレーを食べてさんざん水分補給をして73.5kgだった。
夜はちょっとした飲み会で飲み食いはしたのだが、その後日曜はトレーニングをしない代りに食事量も押さえていたはずなのにわずか2日でこの増加には驚いてしまった。
と言う事で昨日夜はいつものご近所コースを7.5km/45minの夜RUNを行った。
結果直後は75.2kg、今朝は74.3kgと若干ではあるが戻りつつある。
この間体脂肪率は20.5%~19.5%で大して変わっていなかった。
あと10日少々、なんとか70kgくらいまでに絞り込まねばと思っているのだが・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 07, 2005

双海練習会

8/6は木曜練習会仲間で双海海岸に行った。
ここは松山から30分ほどの「道の駅・ふたみ」に直結した海水浴場でロケーションも良く、夏は海水浴客で一杯になっている。

futami080601
駐車場が混まないうちに集合。いつものトラ仲間、AさんとMさんの自転車を背中に積むと随分気合が入って見えるかな。

十数人程のメンバーで本番同様にウェットスーツでスイムスタート。
快晴、無風、ベタ凪ぎの上、水温は結構高く練習には好条件すぎるかも。
「このくそ暑いのに」と海水浴客から奇異の目で見られているだろうけどまあ気にせずいこう。
距離1200m程を約25分でスイムアップ。
シャワーを浴びてすぐにバイクスタート。長浜大橋の先で折り返しの36kmコース。
カーボンホイールのお陰でスピードが上がっているのが実感できる。
メーター読みで35km/hをキープしながら走った。
途中工事で3箇所ほど交互通行となっていたので減速、停止を繰り返したが帰ってきてサイコンを見てみるとアベレージが30.9km/hだった。
途中ストップがなければ32~3km/hぐらいにはなっていただろう。
今まで同じコースで殆どノンストップで27km/h程だったのでこれは快挙だ。
最後は課題のランだ。
バイクで頑張りすぎたツケが出て最初から足が石のように重く、一気にみんなに置いていかれてしまった。
おまけに走り出してすぐに左足の付け根に鈍痛が走り始め1km/8minの超ジョギングペースに陥ってしまう。
しばらく走っているうちに痛みが和らいできたので次第にペースアップしつつ、給水のミネラルウォーターを贅沢にも頭からかぶったりしてなんとか5km弱を完走した。
ゴール後滝のような汗をシャワーで流して練習会仲間が出演するエイサーの舞台をみんなで観覧。

futami080603
暑い中の熱演。小さい子達も水分補給しながら30分ほど頑張っていた。
PA不調のアクシデントも地元のミニFM局の方の協力で無事乗り切った。

しかしこの練習仲間、同い年の女性なのだがトライアスロンのベテランで、スイムとバイクを一緒にこなした後のエイサーをエネルギッシュに演じる体力には本当に驚かされた。
本番までいよいよ二週間弱、これからはケガに気をつけて慎重に調整していこう。

8/6のトレーニング Swim 1.2km/25min Bike 36km/70min Run 27min/4.5km


| | Comments (2) | TrackBack (0)

« July 2005 | Main | September 2005 »