« September 2005 | Main | November 2005 »

October 30, 2005

久々のアクアパレット

昨夜夕食を食べて寝る前に体重を計ったらとうとう80.2kgになっていた。
まあトレーニング後の体重が79kgそこそこだったので予想はしていたのだが・・
ちなみに今朝一の体重は79.5kgだった。
という事で昨日から改心したつもりの決意が鈍らないうちに今日は朝一からプールに行く事にした。
実に久々のアクアパレット。水質は相変わらず最高だしAM9:00のオープン間もなくだったのでガラガラ。
2コースある50mコースに各2名ずつという状態で実に気持ちよく泳げた。
この立派な施設が1時間250円で使えるのは本当に素晴らしい事だ。おまけに専用駐車場もタダ。最近スポーツに力を入れている自身もスポーツマンの中村市長に感謝しなくては。
今日も200mのupの後ピラミッドと100mインターバルで1500mを35minで泳いだ。
天気も快晴だったのでその後すぐにバイクに乗り換え、石手川CRを森松まで往復36km/85min。
途中2箇所で犬のクラブのミーティングが催されていたて5分ほど見物がてら休憩を取った。

inuclub

風も穏やかで気持ちの良いバイクライドの後、ランシューズに履き換えて今度は約6kmを35分かけてゆっくりRUN。
その後ジムに行ってストレッチと500mスイムで体をほぐして14:30にトレーニング終了。ちょっとしたトライアスロン練習だった。
友人から「ちょっと太ったんじゃないん?」といわれたのが大きな原動力となったが、最終的には77.3kgだったのでまだまだこれからだなこりゃ。

10/30のトレーニング Swim 1500m/35min Bike 35km/85min Run 6km/35min Swim 500m/15min(ほぐし)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 29, 2005

復活スイミング

今日は久々のプールに行ってきた。考えてみると実に2ヶ月ぶりではないだろうか!
五時半の終業後ジムに行くと今日は月末の土曜日で子供のスイミング教室が無くプールはオープン、ガラガラの状態。
早速着替えてプールに直行。水もいつもの「子供汁」が出ていなくて澄み切っている♪
まずはupで200m軽くクロールで流してピラミッドに移行。
これは50m→15秒レスト→100m→30秒レスト→150m→45秒レスト→200m→60秒レストと伸ばした後、
逆に200m→45秒レスト→150m→30秒レスト→100m→15秒レスト→50mと距離を縮めながらスピードアップをしていくと言うインターバルの組み立てになる。
これをやると飽きる事無く距離が泳げるので結構好んでやっている。
この後、100m→15秒レストのインターバルを5本、ビート板やプルブイを使ったり片手掻き等のドリルを2セット行い、最後に200mほどクールダウンして合計2500m。
久々にしては楽に泳げたのだがまあ55分かけているので当たり前かな。
その後サウナ室で体を温めてシャワーを浴びて帰宅。
体重はこの時点で79kg!と全然減っていない(;´д`)
そろそろ本腰入れていかないと愛媛マラソンに間に合わなくなってしまう。
がんばっていきまっしょいだ。

10/29のトレーニング スイム 2500m/55min

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 27, 2005

秋のしまなみ海道

このところトレーニングが途切れ途切れで体重の増加が著しい。
夏のトライアスロンの頃には72kgそこそこだったのがいつのまにか78kgを突破して、ちょっと油断すると79.5kgとデッドラインすれすれになってしまった。
週3回のペースでランニングはこなしているのだがそれだけでは足りないのは明白だ。
というわけで10/25の火曜、天気も良かったので朝から思いついて久々のしまなみ海道に出かけた。

05102602
ハープのように美しい多々羅大橋にて。

05102603
途中には「鳴き龍」現象を体験できる拍子木が置いてあり叩くと「ビィィィーン」と不思議な音がする。

05102604
今回はサンライズから生口島を一周回って帰る往復95km程のコースだ。ここは折り返し点の生口橋のたもと。

05102606
大三島の井戸「みたらしの水」。渇いた喉を潤す岩清水を予想していたのだがご覧のような涸れかけた井戸だった。┐(´o`)┌

05102607
帰りの大島から見た来島海峡大橋。この宝物のような景色がしまなみライドの醍醐味だ。

この後ジムに寄って筋トレ、ジョグ、ストレッチで体をほぐして入浴後体重を量ったらなんとか77kgを切っていた。

10/25の運動 BIKE 95km/230min JOG 4km/20min


| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 12, 2005

秋のキャンプ

祭りも終わってひと段落したところで久々に車のお話。
私の所属するRROCIという車のオーナーズクラブの有志で岡山の大佐山にキャンプに行くことになった。
先月全国ミーティングが静岡であったのだが、参加できなかったので祭りの後の疲れもなんのその、下の小4の娘を連れて参加した。

osa01
天気も快晴、絶好のキャンプ日和だ。

osa02
グループで借りたエリアは広々としたフリーサイトだった。

osa05
前日から来ている人も居てキッチンの設営もあっという間に完成。

osa06
ヘビーキャンパーぞろいのメンバーの子供達が炭火でみたらし団子を焼いている。

osa07
腕自慢のみんなが持ち寄った料理を囲んで賑やかな食卓。実は風が吹いて寒い寒い。

osa08
翌朝目覚めたら素晴らしい朝焼けだった。早速20分ほどランニング、やばいっ祭りの飲み食いで体が重いぞ。

osa09
私のサイト。2人用の小さなテントは車の後ろに隠れてしまった。

osa11
みんなで記念撮影。3rdレンジとキャンピングトレーラーが目立ってます。

osa12x

私のclassicと3rd、2ndの揃い踏み。

2日とも雨に降られず最高のロケーションで気持ちの良いキャンプだった。娘と2人のテントもなかなか楽しかった。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2005年本宮

10月7日は2005年松山秋祭りの本番、本宮だった。
先に言うと今年の持田は史上最悪の結果となってしまった。
1発目大唐人神輿さん、2発目溝辺神輿さんだったがなんと2回とも長柄が折れるというアクシデントで、宵宮とあわせて3回連続で神輿を落とすという屈辱的な結果となってしまった。
あれほど準備して、あれほど真剣に練習したのに何が足りなかったのだろう。
この結果を謙虚に受け止め反省しなければならない。

05hm01
午前2時に集合、最後の練習に熱が入る。今年は例年に増して張り詰めた緊張感の中にあるようだった。

05hm02
大頭取の檄が飛ぶ出陣式。法被と相俟ってまるで赤穂浪士の出陣のようだ。

05hm03
「ヨイサ、ヨイサ」の掛け声を合わせて伊佐爾波神社の135段の石段を登る。この後の宮出しでは大神輿を担いで降りるのだ。

05hm05
朝の鉢合わせの後、長柄の交換の為に急遽持田公園に戻って修理班が仕事に取り掛かった。
みんなの協力の元、2時間ほどで交換とロープ巻きは完了。その間、巡町はやむを得ず中神輿で行った。

05hm06
復活した大神輿で築山神輿さんと合わせる。みんな本当に嬉しそうだ。

この後は巡町を済ませて伊佐爾波神社に無事担いで宮入りした。
当初はトラックで運ぶしかないと悲壮な覚悟を決めていたのだが、本当に修理担当の皆さんのお蔭で最後で最大の満足を得る事ができた。

打ち上げが始まった当初はやはり沈んでいたのだが、音頭取りの4人が前に出て挨拶を始めた所でみんなの気持ちが盛り上がり、来年の雪辱を誓って最後は賑やかに終える事ができた。
ところで、今年は別の神社で起こってはならない死亡事故が起きてしまい、それを過度に報道したテレビ局に抗議したかき夫が暴力を振るうと言う事件が起きてしまった。
この取材の模様は人間の情をわきまえないかなり強引なものだったようで、仲間を失ったかき夫の気持ちはわかるのだが暴力は許される物ではないだろう。
当事者で無い者が憶測で論評する事は差し控えるべきだと思うが、亡くなられた方には謹んで哀悼の意を表したいと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 06, 2005

2005年宵宮

引き続きお祭りシリーズ。
この時期松山の祭り好き男たちの頭の中は祭一色になってしまう。
「どこが「biciclettaじゃいっ!」とお怒りの方ごめんなさい。

CIMG3201
先日のロープ巻きの後、更に補強と装飾を施した大神輿。ロープワークに精通したヨットマンの手によるもので毎年進化している。

CIMG3204
生憎の雨の中、いよいよ祭が始まった。まずは中心商店街の大街道でデモンストレーション。

CIMG3207
仲の良い北古唐人神輿さんと担き比べのパフォーマンス。

CIMG3210
神輿の上の大頭取の指揮でいよいよ今年の宵宮のハイライト「市内14体神輿総練り」会場に向かう。

CIMG3213
千舟町の総練り会場にて。画面奥にも神輿が並んでいるが暗くてちょっと残念。

この後道後駅前に道後八体が集合。宵宮恒例の鉢合わせが行われた。
我が持田神輿の相手は昨年の好敵手、道後村神輿さん。
結果は・・・多くの反省材料を生むものであった。何より怪我人が出てしまった事が残念だ。

Cimg3220_s
最後にこのblogの管理人の記念ショット。恥かしいのでサイズは小さめにしておく。

今書き込みしているのが6日20時30分頃、このあと7日深夜2時には神社に集合して最後の練習と出陣式で気合を入れなおして伊佐爾波神社に出発。
早朝5時過ぎから順次宮出し、7時過ぎからいよいよ決戦の鉢合わせが道後駅前の馬場にて行われる。
反省を活かし、なんとしても2連勝して勝利の美酒に酔いしれたい。


| | Comments (0)

October 03, 2005

秋祭り

いよいよ我が町松山の秋祭りの本番が迫ってきた。
例年曜日に関係無く、宵宮が10月5日で本宮が10月7日に行われる。
気候温暖で人も温和と思われている愛媛だが何故か秋祭りは激しい物が多く、全国的に有名な新居浜の太鼓祭り、西条のだんじりと共に松山の喧嘩神輿は最近盛り上がりを見せている。
11年前に道後に復活した我が町の神輿も宵宮を控えてこの日曜日にロープ巻きを行った。
基本的には飾り神輿と構造的に変わらないのでロープでがっちりと締めておかないと鉢合わせの衝撃でバラバラになってしまうのである。
この日は朝9時過ぎから集まって作業を開始したが例年以上に若いメンバーが集まって意気込みが感じられた。

05100201
町の鎮守、若宮社にひとまず安置された神輿、取り回しがしやすいように長柄を抜いて枠を仮付けしている。

05100202
長柄を取り付け綺麗に磨き上げる。ご覧のように通常の神輿の飾りであるが破損防止の為にステンレス製のガードバンパーが取り付けてある。

05100203
ロープを巻き始める。神輿によって流儀があるがまずは縦を巻いてその後十字になるように横に巻く。

05100204
屋根の上の人の指示に従って「せーの、せっ」と息を合わせて力を入れる。

05100205
縦横十字が巻けたら四隅の「耳」と呼ばれる部分と長柄の根元をしっかり締め上げる。

05100206
最後に「胴巻き」と言われる横方向のロープを巻いて完了。このあと糸で縫ってずれを押さえる。

05100207
ロープ巻きが完了したところで広場に移動して練習開始。本番が近づいてみんなも気合が入ってきた。
ところでこの小粋な?いでたちであるが「鯉口(こいくち)」と言って我々の地方では法被の下に着る正装とされている。
神輿を担ぐメンバーにはサラリーマンや職人、医者、公務員、経営者、学生など様々な職業の人が居るが、ひとたびこの鯉口に法被を着れば神輿全体が一心同体になるのだ。

結局この日は納得がいくまで練習を繰り返し、終わって見るとあたりが暗くなっていた。
また、NHKが全国放送を行うと言う事で練習の取材にカメラが入っていたが、みんな浮つく事も無く気合の入ったいい練習ができたと思う。
かなり厳しい練習となったので今日のカテゴリーはスポーツとしよう(笑)
この後7時から近くの施設で決起集会を開催し大いに盛り上がって(飲み倒して?)解散した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2005 | Main | November 2005 »