« May 2007 | Main | October 2007 »

June 05, 2007

東京出張その2

なんだか「がんばって痩せまっしょい」どころか「がんばって食べまっしょい」になってきたな・・
そろそろ軌道修正せんとなあ。

出張の仕事も無事終わり、2日目は久しぶりにフリーとなった。
今日はマスコミも注目の野球の観戦だ。

0706jingu
神宮球場に来てみるとなにやら騒がしい・・・おっと敵さんのバスだ。

0706stand
待ち合わせの友人達と入場すると試合開始2時間前でこの状態だ。意外と普通かな。

0706hankachi
そうこうしてる内に場内が騒然としてきた。グランドに目をやると背番号16番が走っている。
「ハンケツ王子!」、もとい「ハンカチ王子」だっ

0706wenbu
慶應側応援席に来た早稲田應援部の幹部(4年生)。
伝統ある早慶戦もとい「慶早戦」では試合前にお互いの応援席に應援(指導)部が乗り込んで行って敵方の応援歌を歌うというセレモニーがある。

0706koousi
こちらは早稲田側に行って応援歌を指揮している慶應應援指導部。

0706jukki01
セレモニーの華「塾旗入場」。
スタンド最上段から最下段付近まで塾旗を持って降りてくる。風をはらんだ塾旗は強靭な体力と不屈の闘志を必要とする。
その栄誉をたたえて旗手は名前と出身高校を場内マイクで紹介してくれるのだ。
0706jukki02
前方にはなんと20数年前に私が持った旗も立っている。物持ちがいいなあ・・・

0706kaishi
厳粛なエール交換の後、選手が整列していよいよ試合開始だ。
いつの間にか超満員となった観客席から地鳴りのような歓声が沸き起こった。
残念ながら「ハンカチ君」は今日の先発ではなかった。

0706hata
劣勢が伝えられていた慶應だったが鮮やかな集中打であっという間に5点を奪って主導権を握った。
得点に沸く應援席の様子、「若き血」の大合唱だ。

0706score
最後の最後でドタバタしたけど結局7-3の快勝だった。さあ、これから渋谷に出撃だああ。

0706hoppy

0706horumon

0706kara
これらの画像は「イメージ画像」です(笑)
この日は久しぶりに野球部や應援部の先輩や同期と遅くまで実に楽しい酒を酌み交わした。

ちなみに翌日は・・・ごにょごにょごにょ・・・
マスコミ報道の通りである(´・ω・`)

あーあ、やっぱり今回も「がんばって飲みまっしょい」になってしまったあ。

| | Comments (5)

東京出張その1

6/1から6/3まで仕事で東京に行ってきた。
帰ってから後で聞くと何人か友人知人も同時に東京に居たようだった。

0706jirou
羽田に着くや否やとるものもとりあえず「二郎」である。このへんが最近conrans君に似てきてしまったなあ・・
今回は三田の本店のオヤジはご遠慮して後輩が頑張っている目黒店、通称「メグ二郎」にした。

0706waka
店主の「ワカちゃん」・・なかなかインパクトのある風貌だが大学の1つ後輩である。
残念ながらチョモランマのように野菜の盛られた「小(しょう)ぶたラーメン」の画像は収める間もなく食べてしまった。

0706midtown
さて、腹ごしらえができたところでお仕事に出発だ。
まるで外国の公園のようだがここは今最もホットなスポットのひとつ、ミッドタウンの庭園である。
今日の仕事はここから程近い西麻布の会社で打ち合わせだ。

0706udo01
長時間の打ち合わせの疲れを癒すのは高田馬場のこのお店、
名古屋コーチン専門店のうどの大木だ。
ここには東京在住時の20年ほど前の先代店主の時代からお世話になっている。

0706udo02_1
まずは「鳥刺しの盛り合わせ」、見るからに新鮮な色艶だ

0706udo03_1

0706udo04

0706udo06
「くび皮」や「つくね」も絶品だが、なんといってもお一人様一本限りの「どうみゃく」が最高だ。

0706udo05
放送関係の友人と二人で生ビール、酎ハイ、赤ワインとやってきたが、
この「シークワサーサワー」はすっきり爽やかで体に「良さそうな」気がした。
明日が本番なので今日のところはおとなしく宿に帰ることにした・・・

| | Comments (1)

June 01, 2007

送別会

昨日後輩が地元の某TV局のを退職するというので有志で送別会を開いた。
アナウンサーを3年間務めた彼女は家庭の事情のため実家に帰るとのことだ。
後輩たっての希望で会場は私も大お気に入りの馬料理の名店、仲巳屋さんに決定。
素晴らしいファサードなのだが写真を撮り忘れたorz

070530ukon
まずは馬刺しの盛り合わせに「ウコンの力」を添えて準備万端!

070530oshaku
関平の鉱泉水で割って2週間熟成した「冷酎」も後輩のお酌でさらに美味く・・

070530sujini
とろけるような「すじ肉の土手煮」はコラーゲンたっぷりで美容に最適

070530minopon
コリコリ「ミノぽん」には一味を効かせてちょいとピリ辛に、うーん冷酎が進むぜ

070530tukune
この高貴な色艶を見よ、「馬肉のつくね風ハンバーグ」だ。やわやわと崩れていく中に軟骨のこりこりがたまりません。

070530natto
「さくら納豆丼」は納豆も熊本から取り寄せたこだわりの一品。さらに冷酎は進む・・・

070530bara
極上の「さし」の入った「ばらヒモ肉のたたき」

070530nigiri
シメの一品は「さくらにぎり(3貫)」だ。えっ2つしか無いって?焦って画像押さえる前に食べてしまったのです・・・
この他、名物「辛子蓮根」や極上珍味「山うにどうふ」等が画像を押さえる間もなく消えていった。

070530reichu
そしてその間に冷酎が一升消えていた。後輩はほとんど飲めないので残りおっさん3名で飲みつくしたことになる。

さてさてウコンの力の助けを借りて2次会に出撃。
これまたカクテルの名店「サントリーバー・露口」である。
私が18歳の頃、姉に連れられてソフトドリンクを頂いて以来のながーいお付き合いなのだ。
ここでは人に合わせてアルコールの強さを調整してくれるので(時には「ちょっとやりすぎたんじゃないん」などとマスターに窘められながら)とても居心地が良い。

070530tuyuguchi
柳原良平氏が来店された時にサインしてもらった超レア物のアンクルトリス人形をこっそり見せてもらった上に小さなマスコットを手にして喜ぶ後輩君。プライバシーもあるので画像は小さくね。

070530unkle
手の中にあるのが小さなマスコット・アンクルトリス。木彫りのご本尊は再び大事にひっそりと飾られていた

ここでとりあえず送別会はお開きとなり、後輩をタクシーに乗せた後はおっさん約3名はふたたび二番町の闇に消えていったのである。

| | Comments (2)

« May 2007 | Main | October 2007 »