« 新体制に代わって | Main | もてこいもてこい »

September 28, 2009

アビスパ福岡戦

今日は新体制になってから3試合目の福岡戦。
第2クールでは快勝したものの実はずっと勝てなかった非常に相性の悪い相手。
なんていうか噛みあわせが悪い感じで失点してずるずると行ってしまう試合の記憶ばかりだ。
今日もまた新鮮なメンバー構成。柴小屋、高杉の守備力を考えるとチアゴの有給が痛いところ。
福岡には元愛媛の司令塔・宮原がいるがベンチスタートだった。
試合開始早々は一進一退からやや危ないシーンが続いた。
時間の経過と共に愛媛の早めのプレスが効いてきて何度も決定機の一歩手前まで行く。
一度は混戦の中赤井がキーパーと競ってキーパーごとゴールに押し込んだが、このスモウプレーはもちろんファウル。
内村も難しい体制からボレーシュートを打ったがキーパーのファインセーブに阻まれる。
愛媛圧倒のうちに前半終了。
しかし審判が変だ。
敵味方無く判定が不安定。ラインズマンの旗を見落としたり、いらんファールで止めて試合の流れ壊したり、
愛媛の熱い攻撃にコントロールを失ってる感じがした(アライールが相手を肘打ちしたように見えて線審が主審に言っていたが何故かスルー、レッドを免れた場面もあった)
ハーフタイム中、今のうちに点取っとかないといつものように後半ポカミスやガス欠でやられるなあと思っていたら・・・
思うんじゃなかった。
相変わらず猛プレスで攻めまくっていた後半5分、まるでエアポケットにはまったかのように福岡がクロスを綺麗に頭で合わせてバックヘッド。
ボールは無常にも山本の頭上はるか上を超えてそのままファーサイドの上隅に綺麗に収まってしまった。
まあまだ40分あるからここからだと気合を入れ直して(ていうか、こういう展開に慣れてしまって感覚が麻痺してたか)サポの声量は更に上がる。
ところが・・なんと福岡はここから引きこもり作戦開始。
まだ40分あるのに愛媛攻撃時は11人全員が自陣をしっかり固める体制。
こうなると愛媛はドリブル突破できる控えがいないのでむなしく相手PAの外でボールを回すだけに。
途中、大木、田中とフォワードの厚みを増やして攻めの意思を示したが、相変わらずのシュート制度の低さと
ゴール前でフリーのFWがバックパスしたりと完全に得点の匂いが消えた。
試合後のインタビューでバルバリッチ監督が愛媛が19本打ったシュートに対して「シュート数が少ない」とご立腹だったことが、せめてもの今後の希望となった。
あと、宮原がロスタイムに完全に時間稼ぎ要員として交代で入ってきた時は悲しかった。
試合後走りに走って倒れこんだジョジの肩を叩いて何か話しかけているのが印象的だった。
監督、次回ホームではそろそろ回復してきた無駄走りの帝王・エイゴを使ってやってください。
きっとお気に召すと思いますが・・・

|

« 新体制に代わって | Main | もてこいもてこい »

Comments

昨日は久々で元気な顔が見れてよかった!
しかし、坂の上の雲のテーマ、マジにサラですか。
オデオマニアの必聴盤になって、ソッチの方面からも盛り上がるといいなあ~~。

愛媛FCと関係なくてスマソ。 
とりあえずエイゴ君ガンバレ!!

Posted by: conranz | October 04, 2009 at 21:24

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 新体制に代わって | Main | もてこいもてこい »