« April 2011 | Main | June 2011 »

May 13, 2011

湘南戦そしてダービーへ

8日の湘南戦はスカパー観戦。
死闘を演じた千葉戦からわずか中3日だ。
しかしそれは相手も同じGWの毎度の地獄日程。
試合は双方動きながらも愛媛のチャンスが勝って始まった。
しかしボランチ2人が上がってしまった一瞬の隙を突かれてバスを通され、面白い髪型の選手にナイスシュートを決められた。
うーん今年も湘南には勝てないか(実は今まで一度も勝った事が無い)

しかしなぜだか1点取った後の湘南の動きがおかしい。
かさにかかって攻めてくると思いきやなぜか引き気味で守りに入っている感じ。
後半は両チームともばててきてカウンター合戦の様相を帯びてくる。
どちらかと言えば愛媛のほうが盛り返した感じだ。
うまくパスをつないで齋藤がボールを持った時は本当にわくわくする。
ドリブルで抜けるかと思えば絶妙なパスもある。
齋藤、杉浦、赤井の打つシュートもいつもと違って(失礼)どんどん枠に飛ぶが、相手キーパーのファインセーブに阻まれる。さすがは失点1の堅守を誇るチームだ。
後半中盤の愛媛の時間帯もそろそろ終わり再び膠着状態になる。
ああこのまま1点差負けかと思った終了間際の42分頃、ついに相手ゴール前にロングフィードされたボールを福さんが巧みなボディコントロールで胸トラップ。
このポストプレーを生かすべく齋藤がボールを確保するやドリブルで横にスライド。
次々にスライディングでブロックする相手の守備を横目にひらひらとかわしてゴール左隅にシュート!
実にクオリティーの高いプレーだった。
その後4分のアディショナルタイムをなんとか凌いで愛媛のラストプレーとなりそうなCKゲット。
よっしゃ「ぶ・ち・こ・め」じゃあとおもったらベンチと確認した大山が何故かキープに入りボールがこぼれて試合終了。何故だ・・・
あのシーン、千葉戦のトラウマがあったのかなあ・・・
とにかくこの3連戦、最低の0-3負けから始まり、強豪千葉に1-2の終了間際の惜敗、そして降格組の湘南に今度は終了間際に追いついての1-1の引き分けアウェー勝ち点1。
よく考えたら上り調子じゃないか。
この勢いで、絶・絶・絶好調の徳島とのダービーに突入だ。
今年の徳島はかなり強い。本当に強い。それでもダービーだけは負けられない。ましてホームニンスタだ。
強い気持ちを持ってサポーターも全力で戦おう。そして全力を尽くした(これだけは絶対に間違いないから)選手を拍手で迎えよう。

| | Comments (5)

May 06, 2011

JEF千葉戦

先日の惨敗からいかに立ち直ったかを占うJ2屈指の強豪JEF千葉とのアウェー戦。
スカパー録画をダイジェストで恐々と見る。
なななんと、関根英悟選手がシュートを決めているではないですか!
永年個人的にも応援し続けてきて、ここ2年で大成長した右サイドバックの選手だけど、本当に良かった。
ちょっと前まで果敢な駆け上がりはするものの、肝心のところでパスをして「打てよー」とずっこけることが何度も・・
最近ようやくシュートに対する欲が出てきたようでゴールが見えたら打ってくれるようになっていた。
なかなか結果が出なかったけど、とうとう目の覚めるような同点ゴールで敵地の大サポーターを黙らせた。
その後キーパーが飛び出してどフリーでど真ん中から打たれたシュートを、
独特のフォームのヘッドでゴールライン上ではじき返すファインプレーも。
しかししかし・・・最後に温存していた千葉の2.04mの大巨人・オーロイ投入後は、
ロングスロー→なんとかクリヤ、ロングスロー→なんとかクリヤの繰り返しの挙句、
90分にとうとうオーロイから右サイドにこぼれたボールをボレーで叩き込まれて終了。
解説者は「さすがの関根選手も止められなかったですね」と言っていた。
魂のこもったいい試合だったけど、オーロイ押さえることが出来た最初のチームになり損ねてしまった。
次はもう8日のアウェー湘南戦そして14日ホームで宿命の四国ダービーだ。
誰が決めたか厳しい日程だけどなんとか勝ちきろう!

| | Comments (0)

May 01, 2011

北九州戦惨敗

昨日は散々な試合でした。
まあもともと北九州とはかみあわせが悪く、昨年も一回引き分けていたはず・・
開始前から前半の追い風のうちに点を取らないと後半苦しいなと思っていました。
まあ、2点取られた時点で3失点目の予測もできました。
ただ、終了後のあの雰囲気はいけません。
サポのブーイングはわかりますが、罵声だけは絶対ダメ!
選手との不信感が増すだけです。
みんな負けたくてやってるはずはないし、ホーム再開で「気持ちが入ってない」はずが無い。
応援に値しないと思ったら応援やめればいい。
ああいう試合もあるんです。怒るのはバル監督で十分です。
そのバル監督もまず「自分も悪い」と認めてました。
ダメな選手は次から出て来れないだけなのです。
愛媛にはフィジコがいないという致命的な欠点があります。
フィジコは体のメンテナンスとともに精神的なメンテナンスも仕事だと思います。
その分試合へのモチベーションアップを支えてやるのが「サポーター」なのではないでしょうか。

| | Comments (0)

« April 2011 | Main | June 2011 »