« JEF千葉戦 | Main | 雨中の決戦 »

May 13, 2011

湘南戦そしてダービーへ

8日の湘南戦はスカパー観戦。
死闘を演じた千葉戦からわずか中3日だ。
しかしそれは相手も同じGWの毎度の地獄日程。
試合は双方動きながらも愛媛のチャンスが勝って始まった。
しかしボランチ2人が上がってしまった一瞬の隙を突かれてバスを通され、面白い髪型の選手にナイスシュートを決められた。
うーん今年も湘南には勝てないか(実は今まで一度も勝った事が無い)

しかしなぜだか1点取った後の湘南の動きがおかしい。
かさにかかって攻めてくると思いきやなぜか引き気味で守りに入っている感じ。
後半は両チームともばててきてカウンター合戦の様相を帯びてくる。
どちらかと言えば愛媛のほうが盛り返した感じだ。
うまくパスをつないで齋藤がボールを持った時は本当にわくわくする。
ドリブルで抜けるかと思えば絶妙なパスもある。
齋藤、杉浦、赤井の打つシュートもいつもと違って(失礼)どんどん枠に飛ぶが、相手キーパーのファインセーブに阻まれる。さすがは失点1の堅守を誇るチームだ。
後半中盤の愛媛の時間帯もそろそろ終わり再び膠着状態になる。
ああこのまま1点差負けかと思った終了間際の42分頃、ついに相手ゴール前にロングフィードされたボールを福さんが巧みなボディコントロールで胸トラップ。
このポストプレーを生かすべく齋藤がボールを確保するやドリブルで横にスライド。
次々にスライディングでブロックする相手の守備を横目にひらひらとかわしてゴール左隅にシュート!
実にクオリティーの高いプレーだった。
その後4分のアディショナルタイムをなんとか凌いで愛媛のラストプレーとなりそうなCKゲット。
よっしゃ「ぶ・ち・こ・め」じゃあとおもったらベンチと確認した大山が何故かキープに入りボールがこぼれて試合終了。何故だ・・・
あのシーン、千葉戦のトラウマがあったのかなあ・・・
とにかくこの3連戦、最低の0-3負けから始まり、強豪千葉に1-2の終了間際の惜敗、そして降格組の湘南に今度は終了間際に追いついての1-1の引き分けアウェー勝ち点1。
よく考えたら上り調子じゃないか。
この勢いで、絶・絶・絶好調の徳島とのダービーに突入だ。
今年の徳島はかなり強い。本当に強い。それでもダービーだけは負けられない。ましてホームニンスタだ。
強い気持ちを持ってサポーターも全力で戦おう。そして全力を尽くした(これだけは絶対に間違いないから)選手を拍手で迎えよう。

|

« JEF千葉戦 | Main | 雨中の決戦 »

Comments

明日ニンスタでお会いできるの楽しみにしています。

Posted by: ayamonster | May 13, 2011 at 03:41

八幡浜にはもっといいところあります。先輩テレビに出た影響で顔ばれしますのでほとぼりが冷めた頃行きましょう。

Posted by: E newspaper はげ1号 | June 10, 2011 at 17:44

先輩、野村は裸の伝統行事が盛んなところでいい所ありますよ。

Posted by: 大野ヶ原開拓団 はげ3号 | June 13, 2011 at 19:17

先輩
SMILE 4 NIPPON
http://www.youtube.com/watch?v=1BDY_i5qUDE
3分46秒に登場する人妻いいですね。

Posted by: ETV 鷹ノ子 はげ4号 | June 15, 2011 at 05:00

人妻はどうでもいいけど動画に泣いた。

Posted by: jneco | June 15, 2011 at 10:24

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« JEF千葉戦 | Main | 雨中の決戦 »